リメイク

随分前に頼まれていた布のBAGにやっとペイントすることができました。

どんな感じにしようかな?・・・考え込んでしまったら、なかなか案が浮かびません(>_<)

とにかく、絵の具はペべオを使うことにして・・・
04.jpg

ステンシルの大きめの型があったのでそれを使い、
まずこんな感じになりました。
02.jpg


華やかさも加えたいのでゴールドのラインで縁取りを絞り出して描くタイプのペイントで描きました。
05.jpg


すべてラインで縁取ったら・・・【できあがり】
中に入っていた小袋にも施して、ついついもっと描きたくなるところをグッと我慢して、おしまいにしました。

03.jpg


依頼は年配のご婦人からで、着物を着ることもある方なので洋服にも和服にも使えるようにと思って作りました。
少しおとなしいですか?華やかすぎも使い難いでしょうからコレくらいで良いのかな。



☆Iさん、拍手コメントありがとうございます。手元にあるうちに会えたらお見せしますね♪

ラディアント オーキッド

終わってしまいましたね・・・ソチオリンピック。

この2週間あまり、本当にたくさんの感動をもらいました。
HDがすぐにいっぱいになってしまうので録っては消し録っては消し・・・忙しかったです(^_^;)
どの競技も母親目線で見てしまい、勝っても負けてもティッシュが離せませんでした。
大好きなフィギュアの話をしたいところですが長くなるので、今回は置いておいて。笑


オリンピックを見ていて気になったのが“ラディアントオーキッド(輝く蘭)”という色の事です。


PANTONE2014RadiantOrchid.jpg

色見本帳で知られるPANTONE社が選んだ2014年のトレンドカラー。
少しピンクがかった薄紫。優しくて魅力的な色ですね。
この色がオリンピック映像の中にちょくちょく見られました。

いざ載せようと思ったら中々見つけられません・・・(^^;)

拾った画像で失礼します。


sochi06.jpg
真央ちゃんspの衣装。薄紫が彼女にぴったりですね。ステキです♪


sochi04.jpg
スノボ女子パラレルの竹内さん。銀メダルおめでとー!ピンク強め?そしてシートもラディアンントオーキッド!


sochi01.jpg
ボブスレーコースの壁がずずずーーーとラディアントオーキッド♪



春の日差しに映えそうな色なので自分でも取り入れてみたいところですが、
洋服だとかなり個性的?・・・でもインナーとか小物だったら取り入れやすそうですね。
スカーフで差し色に使ったら抵抗ないし、効果もバッチリでしょう。

今年はこの色がいろんな場面で見られるのでしょうか。
トールの作品にも取り入れられるかな?ちょっと意識していようと思います。




雪景色

昨年のAHA協会展でスーザンシーウィ アクリルカラーを使う機会がありました。
スーザン シーウィさんは水彩画で有名ですが、アクリルペイントもあります。

色数は少なく、発色はとても良いです。
メディウムは2種類。「スロードライメディウム」「ジェルメディウム」
ジョソーニアメディウムで例えると前者が「リターダー」、後者が「クリアグレイズ」という感じでしょうか。


susan acrylics01
上左:「スロードライメディウム」 透明でジュレみたい。潰して使うのが楽しい♪
上中:「ジェルメディウム」 色といい質感といい、ハンドクリームみたい。笑
上右:アクリルペイント 塊になってますが硬くはなく、よく伸びます。
手前:ペイントチューブ スーザン シーウィの素敵な笑顔付き(*゚▽゚*)


セミナーで教えていただいたのは“キャンバスに描く風景画”
小さなキャンバスに雪景色を描きました。色がとても鮮やかです。
生徒さんのリクエストで急遽教室でも描くことに・・・
いつもは各々別の作品を描いていますが、今回は皆さん一斉にGO!
201402kasugai.jpg
真剣に描き描き~
それぞれに違う素敵な雪景色ができあがりました。



susan01.jpg
額に入れるとグンとグレードアップしますね。
油絵の具で描いたような風合いで気に入っています。


もうすぐ春になってしまいますね。スミマセン(^^;
すぐに飾ってください♪






トールペイント教室案内

☆春日井教室
●第1・3木曜日 10:00~12:00
●第2・4水曜日 10:00~12:00
☆瀬戸教室

●第1・3金曜日 10:00~12:00
●第1・3金曜日 13:00~15:00

◆お問い合わせ 
        090-1823-1703        
        kanako170ps@yahoo.co.jp


生徒募集中 
初心者さん大歓迎です。今更聞けない”という経験者さんもご心配なく。何度でも繰り返しお教えします。
見学・体験希望の方もお気軽にご連絡ください。
プロフィール

KANAKO INAO

Author:KANAKO INAO

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック